Home > NANGA > (2019)AURORA light 900DX
(2019)AURORA light 900DX

(2019)AURORA light 900DX


ポイント獲得数: 648〜664 ポイント

¥64,800〜66,420 (税込)

厳冬期から海外の高所登山まで可能な本格派モデル
保温性重視の方に最適

フラッグシップモデルがさらに進化
シェルを20dnから15dnへ変更。新しくチタンスパッタリング材をボックスキルト
構造に採用することにより、チタンの蓄熱・保温効果で今までにない暖かさを実現。
※ヘッド・ショルダーウォーマーとフットボックスのみに使用 ※600、750、900のみに対応

快適使用温度/下限温度
-10℃/-19℃
温度表記〈ヨーロピアン・ノーム〉についてはこちらから⇒
https://nanga.jp/knowledge/european-norm/#europeannorm

※ショートサイズはREDのみ、ロングサイズはTQSのみの取り扱いとなります。
※ロングサイズは羽毛20gアップで1,500円(税別)アップになります。
※ショートサイズはレギュラーサイズと同じ価格です。

    マミー型 - 適合温度-15℃以下 - ダウン(羽毛)
    在庫切れ
    商品型番 (2019)AURORA light 900DX
    サイズチャート
    実寸表
    ファブリック 表生地:15dnオーロラテックス
    裏生地:15dnナイロンシレ撥水
    中綿:スパニッシュダックダウン90-10%(760FP) 900g
    ファンクション ボックスキルト構造
    ショルダーウォーマー
    ドラフトチューブ
    原産国 MADE in Japan
    ウェイト(重量) 約1,350g
    洗濯表示 塩素サラシ禁止、タンブル乾燥禁止、ドライ乾燥禁止
    デメリット表示 使用する頻度によって生地の劣化スピードが若干異なります。
    サイズ詳細 ショートサイズ:最大長203×最大肩幅80(身長165まで)
    レギュラーサイズ:最大長210×最大肩幅80(身長178まで)
    ロングサイズ:最大長228×最大肩幅85(身長185まで)

    収納サイズ:Φ21×41

    DOWN QUALITY こだわりの品質

    NANGAのダウンは産地の選定や品質の追求、国内での洗浄・精製とこだわり抜いた最上級のクオリティーをお約束します。

    ナンガで使用しているダウンは、成熟した水鳥の羽毛を使用しております。国内で洗浄・精製されているため、羽毛本来の温湿度調整機能が非常に高く、丈夫で羽毛特有の臭いのないダウンです。

    オーロラテックス

    多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地。防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題を高レベルで解決した素材。2レイヤ地で20,000mm・透湿性6,000g/m2/24hrs、という高レベルの防水透湿性能を持っています。

    NANGAのテクノロジーや技術と哲学が搭載されたファンクション

    01.ドローコード
    コードロックの付いたドローコードを使用し、温度・フィット感を調整できます。

    02.ショルダーウォーマー
    肩部分に保温材の入ったチューブを装備することで、保温された空気が逃げるのを防ぎます。主に3シーズン以上のスリーピングバックに採用。

    03.ドラフトチューブ
    内側に設けたチューブでジッパーの隙間から入り込む冷気を防ぎ、保温力を向上。ショルダーウォーマー同様に3シーズン以上のスリーピングバックに採用。

    04.ファスナー
    YKK5Cを使用。YKKでの強度試験にてスリーピングバックには最適であると判断されたファスナーとなっています。

    05.サイズ
    レギュラーサイズで最大長210cm×最大肩幅80cmとゆったりサイズとなっています。そのほか、ロング・ショートもあります。

    NANGA × YKK 噛み込み軽減パーツ

    スリーピングバックを扱う際、極薄の生地をファスナースライダーが噛み込み、開閉を行えなくなる懸念や強く噛み込んだ場合に、生地を傷める可能性があります。その問題を軽減させるため、YKKの特殊パーツをファスナースライダーへ取り付け、噛み込み原因となる隙間を減らし“生地の噛み込み発生軽減”と、噛み込みが起きた際の“生地へのダメージ軽減”を実現。さらに、素材に樹脂を使用し軽量化(パーツ重量1.6g)、暗闇でも開閉操作をしやすい様に蓄光機能を付加しています。

    ボックスキルト構造

    ダウンの保温性能を活かすために最も効率的な方法。表地と裏地の間に通気性のあるメッシュを配置し片寄りを防ぐために縦横にボックスを設定しています。

    レビュー

    レビューはまだありません。