Home > FEATURES > 浮き住居。〜タープ編 雨露を凌ぎ、通気寝心地は抜群のハンモック泊術 
2018-05-10 木

浮き住居。〜タープ編 雨露を凌ぎ、通気寝心地は抜群のハンモック泊術 

古来先人の知恵として高床式住居というものがある。日本でも弥生時代には穀物を蓄える為の倉として、またはネズミ返しなどでもお馴染みではないだろうか。 
高床の利点は以下のように多々ある。

◯通気性に優れる
◯地表面からの水の浸入がない
◯害獣、害虫などの侵入を防ぐ
◯地表面を整地する必要性が少ない

なるほど高温多湿の日本の気候には有難い作りである。

ハンモックとタープがあれば宙に浮く住居を体感してみることができる。太古の時代の佇まいに思いを馳せ、ソロもよし、仲間で囲むもよし、何だか新たな楽しみが膨らむのです。

今回はそんな浮き住居の屋根部分、タープあれこれをご紹介いたします。


雨露日差しを凌ぐタープ 【ハウス型】eno House Fly Rain Tarp

【eno】House Fly Rain Tarp  約765g
横風や雨風を防ぐことができるよう両サイド4カ所にガイラインがありペグダウン、四面を覆えばまさに高床式ハウス感覚です。
ハンモック泊や長期ハイク等に適し、タープ単体シェルターとしても使用できます。

商品詳細はこちらから
https://www.mountain-products.com/products/3927

ロールアップしてしまえば開放的に使えます。
素材はシルナイロン(シルナイロンとは、リップストップ・ナイロンにシリコンを両面コーティングかつ染み込ませたもの。非常に軽量で強度のある素材)




雨露日差しを凌ぐタープ 【4点張り】eno Fast Fly Rain Tarp

【eno】Fast Fly Rain Tarp  約624g
ハンモックタープで最もスピーディーに張れるのが4点留めのウィングタイプのタープですが、しわが出てますね、すみません! 
シンプル、簡単設営でオートキャンプなど全く問題なしですが、持ち歩く場合は多少重さが気になる程度か。

商品詳細はこちらから
https://www.mountain-products.com/products/3856

中のハンモックがやけに垂れて歪(いびつ)ではないか?
答えは、見えにくいのですがハンモックにバグネット(防虫ネット)を装着の状態だからです。実際人が入り口を締めれば綺麗なシルエットになります。
バグネット詳細は近日アップ

210T Nylon Taffeta Ripstop w/PU Coating 重さは気になるが、逆を言えばしっかりした生地感で耐久性はあります。




雨露日差しを凌ぐタープ 【6点張り】eno Pro Fly (Sil Nylon) Rain Tarp

【eno】Pro Fly Sil Nylon Rain Tarp  約368g
商品詳細はこちらから
https://www.mountain-products.com/products/3937

【eno】Pro Fly Rain Tarp  約623g
商品詳細はこちらから
https://www.mountain-products.com/products/3936

形状は流線形状により、しっかりと雨風を防ぎます。横殴りの雨風にもしっかりハンモックを挟み込めるシンプルな形状でおすすめです。
上記2種の違いは素材、シルナイロンとリップストップナイロンの違い

6点張りだと自在な形にレイアウトが可能




雨露日差しを凌ぐタープ 【4点、6点、8点自在張り】Big Agnes Onyx UL Tarp

【Big Agnes】オニキスULタープ 284g/397g(mini/max)
ULスタイルをイメージしてデザインされた軽量タープは、ハイカー次第で自由な張り方が可能でハンモックとの相性もいいですね。
中央に短いポールを一本入れてタープ内の空間を広げるという技が使えます。

商品詳細はこちら
https://www.mountain-products.com/products/4833

タープ裏、ポールをはめ込み空間を作りだします
素材はシルナイロン(シルナイロンとは、リップストップ・ナイロンにシリコンを両面コーティングかつ染み込ませたもの。非常に軽量で強度のある素材)





今回はハンモック&タープということでいくつかをご紹介しましたが、
アウトドアの屋根となるタープはハンモックに使うのはもちろん、東屋など無い場合や、急な雨の休憩時にソロタープがあるととても便利。
最近のタープはとても軽くてコンパクト、しかも設営がとても簡単。緊急時ツェルトとしてもバックパックの底に忍ばせていくことを是非おすすめしたいのです。

タープ編に続いて次回は、寝床であるハンモック編をアップしますので、しばしのお待ちを。



火をおこし、浮いて寝るまでの時間何をしようか。 そんなゆったりとした時を太古の人たちも感じていたのであろうか。

eno (イーノ)SHOPすべての商品を見る
https://www.mountain-products.com/eno

BigAgnes(ビックアグネス)SHOPすべての商品を見る
https://www.mountain-products.com/bigagnes

enoハンモック簡単設営その術はこちら
https://www.mountain-products.com/features/enohammock20180401/

東京近郊でハンモックキャンプするならこちらでしょうか
月尾根自然の森 (中央本線 梁川(やながわ)駅から徒歩10〜15分)
https://goo.gl/maps/6MsWTqyzakz


最新情報をGETしよう

会員登録は、こちら⇒https://www.mountain-products.com/user_data/shopping_guide.php#guide061

FEATURES など最新情報、更新情報をFACEBOOKページで配信しています。
登録は、こちら⇒https://www.facebook.com/mountainproductscom/
是非ページいいね をよろしくお願いいたします。